英語を話せるだけで貴重な人材!!!

英語を話せるだけで貴重な人材!!!

前ページでは、英語を話せるようになる様々なメリットをあげてきました。

英語を身につけることで、収入アップ、市場価値アップ、そしてさらに自分を変えて自信が付くということ、分かっていただけましたでしょうか。

ここで目線を、皆さんが勤めている会社に移して考えてみましょう。

脳トレ英会話で
脳を刺激する

英語を推奨する企業は増え続けている

英語が堪能な人材の価値は、グローバル化に伴い高まり続けています。

それも年齢を問わず、英語が話せる、読めるというだけで希少価値!

なぜなら実は、英語が出来る社員を抱えることは、所属先の会社にとって数多くのメリットがあるからです。

一旦、経営者の目線で考えてみましょう。

自ら行動して英語を身につける社員は、グローバルな視点を持っている、海外とコネクションが作りやすい、自己啓発の意識があるなど、誰が見てもスペックが高い人材に映るのではないでしょうか。

企業は、そんなハイスペックな人材を囲いたい、もしくは養成したいという目論見があり、

英語学習を推奨、そしてその費用を負担するというわけですね。

TOEICのハイスコアや英検合格など、その人材価値を示す、明確な結果や数字を持つことが出来れば、更なるステップアップや転職も容易になるでしょう。

転職の足がかりは英語から

近頃は一つの会社に定年まで勤めることが珍しくなり、多くの人が転職をするようになりました。

従来までは30歳を超えると難しかった未経験業種の転職も、今ではある程度、年齢を重ねたとしてもチャレンジできる時代です。

とはいっても多くの人にとって、転職のためにはまず何をすればいいのか、全くもって分からないのではないでしょうか。

そんなときにオススメしたいのが、やはり英会話を始めとした英語学習です。

皆さんもご存知の通り、これからグローバル化の波はますます激しくなり、英語のスキルはいついかなる時も腐ることはありません。

また国内だけでなく、海外の市場にアプローチできるのも英語学習のメリットです。

私の知人は国内での就活を止め、海外の市場を狙ったフリーランスとして活動を開始したそうですが、今では高単価の案件をいくつも抱える売れっ子になっています。

日本はまだまだ、優秀な人材に対して正当な報酬を渡すという文化が少なく、一部の超エリート社員を除いて、多くの人が足並みをそろえた給与テーブル。

したがって、自分の能力だけで抜きんでた高収入を達成するのは難しい環境です。

より良い環境に移るためには、英語を身につけて会社を変える、もしくは海外市場に目を向けるというのが、最も手っ取り早い方法と言えるでしょう。

脳トレ英会話で
脳を刺激する
TOPページを見る